奈良レインボーフェスタ共同代表よりメッセージ

奈良では、自分自身もカミングアウトできるようになったのは20歳で、なかなか周囲の人や職場の人にはカミングアウトしづらい土地柄があります。ですが、LGBT講演会を小学校や中学校や高校に行く中で悩んでる当事者の子どもたちが目の前にいて、悩みを相談できる場所や繋がれる場所が奈良には少ないと感じ2ヶ月に1回「レインボー奈良カフェ」を開催するようになりました。奈良レインボーフェスタでは、「みんながありのまま自分らしくいていいんだよ。みんなちがってみんないい」と来場者に感じてもらえるようなステージパフォーマンスやブース出展がたくさん予定しております。是非ご来場頂けたらと思います。

共同代表 定政輝

私には幼稚園の頃からひとつだけわからない感情がありました。それは『恋愛感情』です。性別問わず人を好きになってもいいという情報が周りになかったため「この感情はなんだろう?」と悩んで生きてきました。私自身LGBTQの知識が全くなく、自分が当事者だと自覚したとき、そのことを受け入れることがすごく困難でした。

長い月日をかけ、自分自身を受け入れ認め、たくさんの仲間と出逢い、今私は笑顔で生きることができています。こうして地元奈良で活動できていること、奈良レインボーフェスタを開催できることを幸せに思います。LGBTQや多様性を大切にする奈良レインボーフェスタ。今年のテーマは『一人ひとりが自分色の種をまいて、奈良で笑顔の花を咲かせよう!』です。この場所で皆様の笑顔の花を満開に咲かせてください!ご来場お待ちしております。

共同代表 河崎桃子